1. 横書き誕生 - 日本語表記の近代 -

    • 著者 屋名池 誠
    • 2003年11月20日第1刷発行
    • 岩波書店
    • ISBN4-00-430863-1

    感想

    岩波新書です。

    額や看板などで、システムとしては縦書きだけど文字が一つだけで右からの横書きのように見えるという話がありますよね。

    これは知ってましたが、「右横書き」というのが、近代の日本語の変遷の中で確かにかつてあったのですなぁ。

    これを誤解して、戦争末期に右横書きこそが日本の伝統であるとして、これを普及/強要するなどの歴史が紹介されていて、興味深かったです。

    他人に思考停止を強いるような強い主張ほど(実は)根拠は弱かったりするものかもしれません、ね。

    more »
  2. 2015-02-23

    涅槃会に絵解き聞く児の眉蠢く

    2015年2月半ば。退院した母が若竹に投句する際に相談され、そこは「眉毛」だろうと答えた。結果、投句したものは「眉毛」で体言止めとなる。

    母、病身のため、葉書には僕がその句を書いたが、写実にいたってないと感じ、あらためて、阿頼耶識にみて、ここに写す。

    うごく、と読んでもいいが、それでは技巧が過ぎるでしょう。

    more »
  3. LLまつり

    • 日時: 2013-08-24(土) 10:30-20:10
    • 会場: すみだ産業会館
    • 主催: Lightweight Language Matsuri 実行委員会
    • 内容: 軽量プログラミング言語に関する総合カンファレンス

    プレゼンテーショントラック

    GNUプロジェクトについて話して欲しいと依頼されたので、20分の発表をしてきました。一番目の発表。

    発表資料

    発表資料は RST2PDF で作った。画像は自由なライセンスのものを使うようにした。

    プロジェクタに合わせて、当日、現場で画像の色を変更する必要があった。

    画像を拾ってきて、このようなプレゼンテーションで使う場合、(ソフトウェアの配布と違って)著作権表示を確実にに行い、要求されているライセンスとともに配布する... のは、わりと煩雑である。

    資料のソースコードと出自の情報をソースで置いて、持っていく各人に、著作権表示とライセンスを確認願う、ということにしよう。

    GNUプロジェクト、30周年 が PDF.

    発表の趣旨あるいは意図

    • GNUプロジェクト30周年ですよ、と伝えたい。
    • llといえば、僕にとっては、ll (low-level)ということなんだが …
    more »
  4. 大統一Debian勉強会 2013 (gumdebianjp2013)

    • 日時: 2013/06/29(土) (そのうちGnuPG BoFは 13:30〜14:00)
    • 会場: 日本大学 駿河台キャンパス
    • 運営: 「大統一Debian勉強会」実行委員会
    • 参加人数: 100+名
    • 実行委員長: 岩松 信洋

    GnuPG BOF

    大統一Debian勉強会2013に参加し、アンカンファレンス形式での集まりで、GnuPG BoFを開催しました。

    30分くらいの話をしました。参加人数3名(鍋太郎さんとTakuro君と僕)。

    話したこと

    • 本の話: Philip R. Zimmermann, The official PGP user's guide, MIT Press, 1995
      • ラオックスコンピュータ館で当時、見た。OCRでスキャンを想定した出版物。
    • 本の話: Simson …
    more »