1. 公開鍵暗号の鍵を GnuPG で統一的に管理する

    Gnuk Token の研究開発を進めて、現在、僕は、Gnuk Tokenに入れたOpenPGPの認証鍵を、以下の3つの用途に使っています。

    • OpenSSHの鍵 (常用)

      あまり知られてなく、Gnuk Token や smartcard を使わない場合は、まだ若干面倒なのですが(将来、2.1.xではもう少し簡単になります)、gpg-agentがSSH agentの機能を持つので、GnuPG管理下の鍵でOpenSSH(もしくはPutty) の認証ができます。

    • (実験)TLS/SSLのClient Certificate Authenticationの鍵

      Scute という現在は開発が止まったプロジェクトですが、PKCS#11のAPIを提供するNSSのモジュールがあります。NSSを使うMozilla FirefoxやChromeで(実験的ですが)使えます。GnuPG管理下の鍵を使って、TLS/SSLのClient Certificate Authentication を行えます。

    • (実験)ログインを公開鍵暗号で認証するための鍵

      Poldi という開発が止まったので少し面倒を見ているプロジェクトがあります。PAMのモジュールがGnuPGのSCDaemonと通信して …

    more »
  2. Bignum multiplication improvement for ARM

    For Gnuk, it is good to speed up RSA routine.

    Last week, I improved a bit. Digital signing by Gnuk, it took 1.78 second (in version 0.12). With the change, it takes 1.72 second. (Majored by time command for gpg --clearsign. It includes calculation time on host …

    more »