1. 大統一Debian勉強会 2013 (gumdebianjp2013)

    • 日時: 2013/06/29(土) (そのうちGnuPG BoFは 13:30〜14:00)
    • 会場: 日本大学 駿河台キャンパス
    • 運営: 「大統一Debian勉強会」実行委員会
    • 参加人数: 100+名
    • 実行委員長: 岩松 信洋

    GnuPG BOF

    大統一Debian勉強会2013に参加し、アンカンファレンス形式での集まりで、GnuPG BoFを開催しました。

    30分くらいの話をしました。参加人数3名(鍋太郎さんとTakuro君と僕)。

    話したこと

    • 本の話: Philip R. Zimmermann, The official PGP user's guide, MIT Press, 1995
      • ラオックスコンピュータ館で当時、見た。OCRでスキャンを想定した出版物。
    • 本の話: Simson …
    more »
  2. What is not KSP? (In Japanese: KSPとはなんでないか)

    OpenPGPのKSP (Key Signing Party)について、 こうした時はどう考えたらいいのか、と疑問を持つ貴兄のために、 僕なりの考えのいくつかを書いてみます。

    僕は、ヨーロッパや南米のKSPにも参加しましたが(手順のしっかりしたものから、 わいわい、という感じのものまで)、最近まで十分に考察をしたことがなく、 意味を理解できていませんでした。

    現在でも考察は続いていて修行中ですが、 この一文が、なんらかの理解に役立ち、KSPに気軽に参加してもらえるようになれば、幸いです。

    なお、KSPについて、「パーティ」というと飲食や宴会芸、または、ある種の出会い、 を期待する方もいるかも知れませんが、通常、そういうことはありません。

    書いていたらいろいろ思い出して長くなったので、大事なところのまとめを書きました。 これだけでも長いな。

    まとめ

    • KSP (Key Signing Party)は懇親会ではない。

    • 目的は、OpenPGPの公開鍵について、

      公開鍵のIDと User ID (ユーザのID: 名前)の結び付きをまさに確認しました。

      と互いに証明すること。通常は事務的作業のみ。

    • 証明は、通常 …

    more »
  3. Using GPG's authentication key for SSH access

    By default, GnuPG --gen-key creates a primary key for signature and its subkey for decryption. It is also possible to add another subkey for authentication.

    It is not widely used, but, the authentication subkey can be used for SSH, and this is really convenient.

    Obvious benefit is to enable consolidation …

    more »
  4. ぐんまRuby会議01

    • 日時: 2013/3/9(土) 13:00〜18:00
    • 会場: 高崎市総合福祉センター
    • 主催: guRuby
    • 後援: 日本Rubyの会
    • 定員: 60名
    • 実行委員長: 南齋雄一
    • るびまのレポート記事担当: 金澤宏昭
    • 会計: 早川真也
    • プラチナスポンサー: ツルマウソフト

    Lightning Talk

    5分の発表をしてきました。二番目の発表。

    • Lightning Talk は 15:20 から。一人5分

    発表

    cover-title page 1 page 2 page 3

    発表の趣旨あるいは意図

    • 群馬で研究開発が行われている自由への闘いの紹介。
    • コンピューティングの自由が失われてはならない。
      1. ここで、コンピューティングの自由とは、自分のコンピューティングを自身で制御できる、ということ。
      2. そして/または、自分のコンピューティングに関して、他による干渉/支配を受けない、ということ …
    more »