1. Gnuk Token を入れる袋を編む

    Gnuk Token を持ち運ぶのに袋を編みました。

    初心者なのでうまく説明することができませんが、記録として書いておきます。

    できあがり

    Cover of GNUK USB Token

    作成に必要なもの

    • 毛糸
    • かぎ針

    どちらも100円ショップで入手したものです。

    技能

    僕は「アクリルたわし」しか編んだことがありません。鎖編みと細編みしかできません。

    作り方

    下から編んでいきました。

    鎖を 11目作って(毛糸の太さによって調整)、3目立てて半目を拾って、ぐるっと回って、底を作っていきます。

    底ができたら、糸を裏から拾って立ち上げていきます。それからぐるぐると細編みします。

    最後に上の部分を止めておしまい。

    初心者なのでうまく言語化できません。ごめんなさい。

    備考

    一時間くらいかかりました。失敗しても「指を入れて使うアクリルたわし」として使えるのでドンドン作りましょう。

    編み物が初めての方は円形/方形/楕円形のアクリルたわし作りから始めてみましょう。

    参考文献

    • 著者: 小瀬千枝
    • 書名: わかりやすいかぎ針編みの基礎とコツ
    • ISBN: ISBN4-579-10817-5
    • 発行元: 文化出版局
    • 定価: 1,200円

    Gnuk …

    more »
  2. Using Gnuk Token with another computer

    This document describes how you can use Gnuk Token on another PC (which is not the one you generate your keys).

    Note that the Token only brings your secret keys, while .gnupg directory contains keyrings and trustdb, too.

    Fetch the public key and connect it to the Token

    Using the …

    more »
  3. Generating 2048-bit RSA keys

    This document describes how I generate 2048-bit RSA keys.

    Here is the log to generate signature key and encryption subkey.

    I invoke GnuPG with --gen-key option.

    $ gpg --gen-key
    gpg (GnuPG) 1.4.11; Copyright (C) 2010 Free Software Foundation, Inc.
    This is free software: you are free to change and …
    more »
  4. Building Gnuk for STM32 part of STM8S Discovery Kit

    Building Gnuk is not that hard after you have GNU Toolchain for ARM. This document shows exact log for your information.

    Please read README of Gnuk. Given you have the source code of Gnuk, it's simple: configure and make.

    configure

    We go to src directory at first, and invoke configure …

    more »