1. Pelican について

    このサイト(www.gniibe.org)は pelican を使った static HTML で serve するようにしました。

    この稿では Pelican について紹介します。

    Pelican はPython で書かれたstatic site generatorです。

    このサイト(www.gniibe.org)では2011年3月から2014年5月までは、CherryPyとGenshiを用いて、 reStructured Text のソースから dynamic にページを生成して serve してました。 ソースは Git リポジトリに入れて管理していました。gitwebも運用していました。

    2014年5月に運用するサーバを移行したのを契機に serve する仕組みも更新しました。

    www.gniibe.org は static な HTML を serve するだけとし …

    more »
  2. Relative URL for Git submodule

    I think that I should have use relative URL for Git submodule. Here, I explain why, and how I do.

    Background

    In Gnuk git repository, it uses Chopstx as submodule. In NeuG git repository, it uses Chopstx and Fraucheky as submodule.

    Git repositories of Gnuk and NeuG are available at …

    more »
  3. Running NIST STS 2.1.1 on NeuG True RNG (4)

    NeuG 1.0 was released.

    With standalone NeuG device of FST-01, I gathered 500 files of 125MB (=1,000,000,000 bits, that is for 1,000 samples of 1,000,000-bit sequence).

    Then, I ran the test suite over 500 files, while a single file has 125MB. All parameters …

    more »
  4. PolarSSL and RSA blinding

    I have made a patch for PolarSSL. But it seemed not to be included.

    Also, I wrote to the authors of the paper in October, but I haven't got any reply, unfortunately.

    So, I am writing here, my thought around the improvement as a record.

    Note that this changes are …

    more »